小児歯科と一般歯科の違いは?

小児歯科は成人に達するまでの子供の歯を治療する歯科です。

虫歯の治療や予防、矯正歯科など一般と治療方法は大きく変わりませんが、子供を相手に専門に治療するのが小児歯科です。

乳歯を治療することも多く、しっかり治療や予防することで、永久歯に影響を残さないように治療することが大事だといえます。



また正しい歯磨きの仕方を身につけて一生自分の歯で食べられるように指導することも小児歯科の役割といえます。

時には保護者に対して歯磨き指導をする場合もあります。

歯科で定期的に、虫歯の予防や歯磨きチェックを受けることで、虫歯や歯周病にかかる率を減らすことができます。

また、小さい子供はじっと座っているのが苦手なうえに、歯科治療に恐怖心があります。

小児歯科は子供の心理を理解し、いかに恐怖心を減らし上手に治療するかが問われます。

また歯科治療中の麻酔の副作用や歯を抜いた後の止血などにも神経を使う必要があります。


また矯正歯科では、早めに矯正をすることで子供の歯を早くきれいに整えることができます。

正しい歯並びできちんとものがかめることはとても大事で、子供の発音や咀嚼に大きな影響をあたえます。



現在、子供の虐待が増えています。

iemoに関する詳細です。

虐待する親の中には、十分に歯科治療を受けさせない親もいます。


保育所や幼稚園などで歯科検診をした際に、あまりにひどい虫歯の状態から、虐待を疑うケースもあります。
虐待をはやく見つけることも小児歯科の大事な役割といえるでしょう。